テーマ旅行

エベレストベースキャンプトレック

17日間|ベストシーズン:3〜5月、9〜11月|2人より|最大高度6,856m|適度なトレッキングコース

エベレストベースキャンプは、よく知られている山のトレックである。山の上部のPhakdingからスタートし、Duch kosi谷を進み、NamcheのSherpaの首都に登る。登山者のための交流地点では賑やかなバザーがあり、途中の地元のシェルパにも会う。強大なエベレストへの道に向かう旅行である。すべての道に沿って、村はシャクナゲ、モクレン、巨大なモミの壮大な森が点在している。初秋と晩春の両方で、このトレックの場所の花々は、長く忘れられないような思い出を作ってくれる。

Namucheから、最初にエベレストの良い景色を眺め、それからThyangboche Monasteryへ向かって2時間登る。Monasteryは、ドワーフモミやシャクナゲに囲まれた地に位置しており、標高は3,867mである。Monasteryは、構造的にエベレストの風景を眺望できる尾根の上に位置している。ここからの眺める景色は、特に早朝は、本当に魅惑的で素晴らしく、世界で最も壮大な景色の一つであると考えられている。

それからImja Kholaまで下降し、Pangboche や Phericheの村々へ進み、最終的にKhumbu Glacierへ進んでいく。その後Glacierに沿って、Lobuche、Ama Dablamの雄大な眺めのいくつかのポイントや、Tawecheや他の峰を進み、休息のためGorak Shepまで歩く。

本当に息をのみ言葉を失い、目を見張るほど素晴らしい、大きなヒマラヤの荘厳な景色を見ることができる場所からKala Pattar [5554m]へ登る機会もある。あなたはすぐにそれがとても価値のあるものだと気づくだろう。これはとてつもなく大きいエベレストの南西面の、素晴らしい眺めを含んでいる。それから最終的にLuklaに戻り降りる前に、Khumbuアイスフォールの下のエベレストベースキャンプまでトレッキングする。


ebc1 ebc2 ebc3 ebc4

Mani Rimduフェスティバルトレック

14日間 | 日付: 11月上旬 | 2人より | 最大高度: 5,545m | 簡単なトレッキング

エベレストへの玄関口であるKhumbu地域には多様な祝祭事があるが、最も有名なものはMani Rimduフェスティバルである。Tengboche の修道院では、Mani Rimduはチベット太陰暦の9月(太陽暦で10月下旬)に催される。修道僧達は10日間に渡って仏教の様式に従い、祈詠唱と共に多くの宗教儀式を行う。
遠隔地に住む村人達にとっては、転生ラマであるRinpocheからの祈り・恩恵をける日こそが年間を通じて最も重要な日となる。同日には僧が面を被って舞を披露する、華祝祭事を楽しむことができる。

tengboche-monastery manirumdu_01 manirumdu_03 mani_rimdu02

NMMTメディカルキャンプトレック

18日間 | ベストシーズン: 3月から5月まで, 9がつから11月まで | 2人より | 最大高度: 5,545m | 適度なトレッキング

Khari Khola村周辺の貧困層に基本的な医療サービスを届ける目的からこのトレックは 組成されている。無料で医療サービスを提供する機会であると同時に、当トレックは現地の人々と交流し、習慣・文化を学ぶ絶好のチャンスである。

medical checkup Empfang-in-Karikhola Kharikhola-medical-camp Kiwi-Medical

Phapluエベレストベースキャンプメディカルトレック

29日間 | 日付: (2015年)4月21日 – 5月19日 | 2人より | 最大高度: 5,545m | 適度なトレッキング

Phapluエベレストベースキャンプは、シェルパ村特有の伝統ある格調高い修道院、素晴らしい景色と村民の生活等の文化により人気がある。
PhapluエベレストとGokyoは豊富なウォーキング経験とトレーニングされた肉体が必要である。
当Trekでは、起点のJiriまでの長距離バス移動を避けるため、Phapluまで飛行機で移動してとても静かなSolu Khumbu地域をトレッキングする。

ムスタン (Mustang)

19日間 | 日付: (2015年)5月7日 – 5月25日 | 2人より | 最大高度: 3,730m | 適度なトレッキング

Mustangで行われるTijiフェスティバルはその神話の中心となる”悪魔を追いつめる”儀式として知られ、3日間に渡って行われる。
神話ではDorj Jonoと呼ばれる神が登場する。彼はMustang王国を崩壊から救うため、悪魔である父親と戦う定めにあった。
悪魔である父親は、乾燥地で干ばつを引き起こし、付随的に家畜類が死に、それは飢饉に繋がった。最後にはDori Jonoは悪魔を打倒し、そして自らも姿を消すのであった。祭りでは神話に出てくる様々なシーンが再現されている。
ネパールにある準独立のチベット王国であり、その文化が荒らされずに保全された数少ない稜堡の一つである。

エベレストラグジュアリー

ネパールの神話の中に飛び込み、山々をヘリコプターに乗って登れば、人生で一度きりの貴重な体験が待っている。エベレスト山の麓でヒマラヤ山脈の雄大さを感じよう。Mt.Everest (8,848m), Mt. Lhotse (8,501m), Mt. Pumori (7,165m), Mt. Nuptse (7,864m), Mt. Cho oyu (8,153m) をはじめとした美しいヒマラヤの山々は一見の価値がある。
Kathmandu空港から一時間足らず、世界一の高度にあるリゾート、雪に覆われたKongdeにあるYeti Mountain Homeで朝食を楽しむことができる。